静岡新聞NEWS

ヤマハ発・山本選手らラグビー教室 5年生が体験 裾野西小

(2020/9/4 13:11)
ラグビーボールのパス回しを体験する児童=裾野市立西小
ラグビーボールのパス回しを体験する児童=裾野市立西小

 裾野市立西小で3日、ラグビー・トップリーグのヤマハ発動機の選手2人によるラグビー教室が開かれた。5年生約110人がラグビーの魅力を体験した。
 2019年ラグビーW杯の機運や精神を受け継ぐ県教委のラグビー教育レガシー推進校事業の一環。ヤマハ発の山本幸輝、ヴィリアミ・タヒトゥアの両選手が、児童にパスやキックなどの迫力あるデモンストレーションを披露した。
 児童は選手相手にタックルを体験したり、6~8人のグループに分かれてパス回しの早さを競ったりして、ラグビーの楽しさを体感した。児童(10)は「ラグビーを体験するのは初めて。難しかったけど、みんなで力を合わせてパス回しするのが楽しかった」と話した。
 5年生は今冬、体育の授業でタグラグビーに取り組む予定という。

東部トピックスの記事一覧

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿