静岡新聞NEWS

車両の下見学、機械に驚き 富士・岳鉄、初の親子体験教室

(2020/8/11 08:17)
作業用の通路を通り、車両の下から電車を見学する子どもら=富士市の岳南富士岡駅
作業用の通路を通り、車両の下から電車を見学する子どもら=富士市の岳南富士岡駅

 富士市の岳南電車(通称・岳鉄)は10日、同社で初となる「親子お仕事体験教室」を開催した。午前、午後2回で計20組が参加し、普段は見ることができない車庫内を見学したり、仕事の裏側を聞いたりした。
 吉原本町駅では現在も同社が使用する硬券に親子で日付を入れ、改札はさみで改札して電車に乗り込んだ。
 岳南富士岡駅では車庫を見学し、普段は入れない7000形車両の下の作業用通路を通って車両を下から見学した。技術区車両担当者らが車両や整備対応などを答えた。車両、電気、保線の三つの部署の技術者がいることも解説し、「みんなが乗る電車の安全運行をいろいろな人が支えている」と伝えた。
 同駅の線路に設置されている「スプリングポイント」を見学したり、貨物輸送の終了に伴い現役を引退した4両の電気機関車で写真撮影をしたりして岳鉄の魅力を満喫した。
 熱心にメモをとった吉原小3年の男子児童は「車両の下はいろいろな機械があって驚いた」と喜んだ。

東部トピックスの記事一覧

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿