静岡新聞NEWS

御神木「大楠」を保護 熱海・来宮神社、ウッドデッキが完成

(2020/8/2 17:00)
「大楠」周辺に完成したウッドデッキ=熱海市の来宮神社
「大楠」周辺に完成したウッドデッキ=熱海市の来宮神社

 熱海市の来宮神社にこのほど、国指定天然記念物の御神木「大楠」を保護するウッドデッキが完成した。大楠の周辺は多くの参拝客により地表が踏み固められ、育成が阻害される恐れがあった。同神社は今後、デッキにスロープを設置し、古来より魔よけとして用いられている植物の植栽なども進める。
 大楠は樹齢2100年超、高さ26メートル、幹回り24メートルで本州一の巨樹。幹の周りを1周すると寿命が1年延び、願い事がかなうとの言い伝えがある。ウッドデッキは約90平方メートル。約200個の土台を置き、地表への圧力を分散させた。混雑を回避しようと、従来より幹周りの通路の幅を広げ、勾配も緩やかにした。
 ウッドデッキの設置は「大楠の命を後世に継承するとともに、コロナ禍による非接触社会の中でも心をつなぎたい」との願いを込めた「TSUNAGU(つなぐ)プロジェクト」の一環で、6月から進めていた。雨宮盛克宮司は「御神木から生命力の強さを感じ、元気や勇気をもらってほしい」と話した。

東部トピックスの記事一覧

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿