静岡新聞NEWS

8000人の手形・足形、障害児らを応援 伊豆の国でモザイクアート展

(2020/7/31 09:12)
約8000人分の手形や足形を集めて制作したモザイクアート=伊豆の国市のアピタ大仁店
約8000人分の手形や足形を集めて制作したモザイクアート=伊豆の国市のアピタ大仁店

 病気や障害のある子どもや関係者を応援するハンドスタンプアートプロジェクトの一環で制作されたモザイクアートの展示が30日、伊豆の国市のアピタ大仁店で始まった。8月25日まで。
 東京パラリンピックを契機に2014年から始まった全国規模のプロジェクトに賛同し、同市では有志が18年から活動を開始。隣接する伊豆市にも取り組みが広まり、2市の小中学校や幼保こども園などの協力を得て8172枚の手形と足形が集まった。知的障害者雇用を積極的に行う日本理化学工業(川崎市)が製造する水溶性チョーク「キットパス」を使って形を取った。
 ダウン症の娘がいる伊豆の国市の小嶋友子さんが中心となり、集まった形でモザイクアートを制作。愛をテーマに、ハートや虹、小鳥などをモチーフにした縦約1・6メートル、横約4・7メートルの作品に仕上げた。小嶋さんは「伊豆市はパラリンピック会場にもなる。多くの市民に見てもらいたい」と期待した。

東部トピックスの記事一覧

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿