静岡新聞NEWS

光と影、抽象的なデザイン画 元美術教諭が三島で個展

(2020/7/24 18:00)
アクリル板と木の棒で描く鈴木さんのデザイン=三島市のVia701
アクリル板と木の棒で描く鈴木さんのデザイン=三島市のVia701

 アクリル板に木の棒をさし込んで抽象的なデザイン画を仕上げる元美術教諭鈴木浩二さん(62)=伊豆市=の個展「軌跡」が23日、三島市のギャラリーVia701で始まった。28日まで。
 直径数ミリ~数センチの太さや長さが異なる木の棒をアクリル板の穴にさし、抽象的なデザインを描いた作品25点を展示した。照らしたライトの光と浮かび上がる影が見る人の印象を変え、点や線、面の立体感と奥行き、流れを表現している。赤や緑など多彩な色合いを施したデザインと、白を基調にした作品を並べた。
 鈴木さんは30年ほど前にデザインを始め、中学の美術教諭や校長として勤務する傍ら芸術活動に取り組んできた。

東部トピックスの記事一覧

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿