「大丈夫ですか」事故で負傷の女性救護 裾野署が中学生に感謝状

 交通事故現場でけが人の救護に貢献したとして、長泉町立長泉中3年の小笠原薫さん(15)と渡辺輝さん(14)が10日、裾野署から署長感謝状を受けた。

署長感謝状を受けた小笠原さん(左から2人目)と渡辺さん(左から3人目)=長泉町立長泉中
署長感謝状を受けた小笠原さん(左から2人目)と渡辺さん(左から3人目)=長泉町立長泉中

 同署などによると、事故は6月16日午後5時半ごろ発生。高齢女性が自転車で転倒し、自転車の下敷きになって頭から血を流し、意識不明になっているのを見つけた。駆け寄ると、「大丈夫ですか」と大きな声を掛け続けた。声に気付いた町職員3人が119番し、女性は一命を取り留めたという。
 浅賀宏樹署長は「2人の勇気ある行動が女性の命を救った。これからもさまざまな場面で社会の模範となってほしい」と話し、感謝状を手渡した。渡辺さんは「事故を目撃してとっさに体が動いた。女性の命が助かって良かった」、小笠原さんは「また同じようなことがあったら、今度は自分で人命救助ができるようにしたい」と話した。

いい茶0
メールマガジンを受信する >