静岡新聞NEWS

かわいい赤ちゃん♡続々 今年3頭目のアルパカ、伊豆アニマルキングダム

(2020/7/11 17:20)
愛らしい姿を見せている雌のアルパカ「タイヨウ」=東伊豆町の伊豆アニマルキングダム
愛らしい姿を見せている雌のアルパカ「タイヨウ」=東伊豆町の伊豆アニマルキングダム
母親に寄り添うカピバラの赤ちゃん=伊東市富戸の伊豆シャボテン動物公園
母親に寄り添うカピバラの赤ちゃん=伊東市富戸の伊豆シャボテン動物公園

 東伊豆町稲取の動物園「伊豆アニマルキングダム」でこのほど、アルパカの赤ちゃんが誕生した。同園では今年3頭目の誕生で、出産ラッシュに沸いている。
 誕生したのは、雌の「タイヨウ」で、雄のジャックと雌のそらの間に6月27日に生まれた。名前は梅雨の晴れた日に生まれたことから付けられた。体高は約60センチ、体重は約7キロで、既に一般公開されている。飼育員によると、人懐っこい性格という。
 アルパカは南米のアンデス山脈に生息し、体毛は毛糸になる。天候や動物の体調によっては、展示を中止することがある。問い合わせは伊豆アニマルキングダム<電0557(95)3535>へ。

 ■カピバラなど8種類 伊豆シャボテン動物公園
 伊東市富戸の伊豆シャボテン動物公園がベビーラッシュに沸いている。5~7月にカピバラやアカハナグマなど8種類の動物の赤ちゃんが次々と生まれた。母親の後について歩いたり、兄弟とじゃれあったりして来園者を楽しませている。
 その他に生まれたのはワオキツネザル、ミーアキャット、パルマワラビー、マーラ、インドクジャク、アカツクシガモの赤ちゃん。
 5日に生まれたばかりのカピバラの赤ちゃんは、母親に寄り添いおっぱいをせがむなど愛らしい姿を見せている。5月に生まれたワオキツネザルは当初、母親の背中にしがみついていたが、今では1人で動き回る様子を見ることができる。

 

東部トピックスの記事一覧

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿