静岡新聞NEWS

富士の古墳出土品40点 かぐや姫ミュージアム、全国巡回展に合わせ展示

(2020/6/29 08:51)
丁字形利器の複製品などが並ぶ特別展示=富士市の富士山かぐや姫ミュージアム
丁字形利器の複製品などが並ぶ特別展示=富士市の富士山かぐや姫ミュージアム

 富士市の古墳から出土した資料が全国巡回展「発掘された日本列島2020」(文化庁主催)に出展されたのに合わせ、関連資料の特別展示が同市伝法の富士山かぐや姫ミュージアムで開かれている。巡回展が終わる2021年2月まで。
 6世紀後半から7世紀までに、同市伝法地域に造られた古墳群の出土品約40点を展示している。全国で4例しか出土されていない丁字形利器の複製品や、砥石(といし)、おのなどの工具、装飾品などが並ぶ。
 巡回展には丁字形利器をはじめ、ガラスの装飾品「雁木(がんぎ)玉」など市指定文化財の37点を出展した。近年発掘や調査結果がまとまった注目の遺跡の一つとして、東京、新潟、福島、愛知、大分の5都県を巡回する。
 同ミュージアムの学芸員は「新型コロナウイルス影響で県外の展示会に行くのが難しい中、市民や県民にも貴重な出土品を見て、地域の歴史に関心を持ってほしい」と話した。

東部トピックスの記事一覧

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿