静岡新聞NEWS

「ブサかわ」海の生物展示 沼津港深海水族館、個性的な7種

(2020/5/25 09:49)
ユニークな顔つきをした生物を紹介する企画展=沼津市の沼津港深海水族館
ユニークな顔つきをした生物を紹介する企画展=沼津市の沼津港深海水族館

 沼津市の沼津港深海水族館が、営業再開に合わせた企画展「ブサかわ(不細工だけどかわいい)生き物大集合」を開いている。展示する生物を入れ替えながら8月末ごろまで展開する予定。
 まばらな鋭い歯が特徴の「オオカミウオ」や分厚い唇を持つ「フサギンポ」、犬の顔に似た「コクテンフグ」など、日本各地から集めた個性的な海の生物7種を展示。ユニークで愛らしい顔つきの生き物が、来館者を楽しませている。担当者は「クスッと笑ったり、ほっとしたりしてもらえるはず。生態や表情の面白さに注目してほしい」と話した。
 同館は、新型コロナウイルス感染拡大による市の休業要請の解除を受け、館内の清掃や消毒、換気など感染防止対策を講じ、18日から営業を再開した。
 また、同館は4月に来館者300万人を達成。市民の協力に感謝し6月30日まで、市内在住、通学者を対象に入館料の割引を実施している。大人千円(通常1600円)、小中学生500円(同800円)、幼児無料(同400円)。

東部トピックスの記事一覧

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿