静岡新聞NEWS

運転代行業者と人気飲食店が連携 富士に新会社、デリバリー始動

(2020/5/3 08:51)
Hakobi屋SEEDの従業員に名物の「かつ皿」を手渡す時田さん(右)=富士市の富士本町
Hakobi屋SEEDの従業員に名物の「かつ皿」を手渡す時田さん(右)=富士市の富士本町

 新型コロナウイルスの感染拡大で低迷する飲食店を支えようと富士市の運転代行業者が地元飲食店と連携してデリバリーを始めた。富士のソウルフード「かつ皿」で有名なそば店「金時」など人気店14店(4月27日時点)が参画する。
 代行運転業者「SEED(シード)」を経営する渡井誠仁さんが普段から付き合いのある飲食店などの要望で4月下旬から始めた。国の特例措置でタクシー事業者の食料配送は可能になったが、運転代行業は対象外。配送を担う新会社「Hakobi屋SEED」を設立し、ミニバイクで宅配する。
 利用希望者は各店に注文する際に宅配を依頼すれば、各店から同社に連絡する。配送手数料は3キロ以内200円。以降、1キロごとに100円増。
 繁華街が活気をなくす中で運転代行の仕事も急減。宅配を模索する飲食店が増える中、渡井さんが「世話になっている常連と飲食店をつなぐ役割」を買って出た。サービス開始を伝えると反響は大きく、ご当地グルメ「富士つけナポリタン」「アドニス」(吉原)など市内各地の店が参画。急きょ各店のメニューをまとめたウェブサイトも開設した。
 テークアウトを拡充する老舗店「金時」の時田大嗣さんは「自前で出前を出すのは大変でとても助かる」と話し、渡井さんは「終息後に運転代行も使ってもらえればいい」と応えた。サイトは「Hakobi屋SEED」で検索する。

東部トピックスの記事一覧

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿