静岡新聞NEWS

手作りマスク自分でも 富士宮市、型紙や作り方配布 新型コロナ

(2020/3/26 10:00)
手作りマスクの作り方を紹介する市職員=富士宮市役所
手作りマスクの作り方を紹介する市職員=富士宮市役所

 新型コロナウイルス感染拡大に伴いマスクが不足する中、富士宮市が25日、窓口で手作りマスクの作り方や型紙の配布を始めた。市担当者は「簡単にできるので試してほしい」と呼び掛けている。
 布を切る際に形やサイズの参考にしてもらおうと用意した型紙は子供用、女性用、男性用の3種類。裁縫が得意な女性職員が中心となって簡単にできるマスクの作り方をまとめた。材料は表布(ガーゼやブロード)と裏布(ガーゼ)、マスク用ゴム(大人35センチ以上、子ども25センチ以上)。15~30分程度で作ることができるという。
 須藤秀忠市長も手作りした「MYマスク」を着用し、PRしている。手作りマスクの見本や作り方、型紙は危機管理局と情報発信課の窓口で配布しているほか、市ホームページにも掲載している。

東部トピックスの記事一覧

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
静岡新聞データベース

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト