静岡新聞NEWS

与那国馬の赤ちゃん誕生 三島楽寿園が一般公開

(2020/3/25 12:30)
母親のメリにくっついて愛きょうを振りまく与那国馬の赤ちゃん=24日午後、三島市の楽寿園
母親のメリにくっついて愛きょうを振りまく与那国馬の赤ちゃん=24日午後、三島市の楽寿園

 三島市の楽寿園が飼育する与那国馬の雄「アウリ」と雌「メリ」に第1子となる雄の赤ちゃんが誕生し、24日から同園で一般公開が始まった。5月1日から6月30日まで名前を公募する予定。
 与那国馬は沖縄県与那国町が指定する天然記念物で、アウリとメリは2018年から楽寿園で生活している。赤ちゃんは20日未明に獣舎で生まれた。「人の手が全くかからない超安産」(飼育職員)だったという。誕生時の体高は69センチ、体重は20キロで、その後も順調に成長している。
 赤ちゃんは公開初日からメリの後にくっついて愛きょうを振りまき、早くも来園者の人気を集めている。好奇心も旺盛で、隣のアルパカに興味津々の様子。飼育職員は「元気に成長し、園のアイドルになってほしい」と話す。
 名前の案は園内に設置する応募箱で受け付ける。専用の用紙で投函(とうかん)してもらう。決定した名前は7月中旬以降に開く「夏のどうぶつふれあい広場」で発表する予定。

東部トピックスの記事一覧

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
静岡新聞データベース

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト