静岡新聞NEWS

卒業生をお菓子で笑顔に 田子の月、富士・全小中校にプレゼント

(2020/3/19 09:34)
卒業生のプレゼントとして菓子セットを手渡す牧田社長(左)=富士市の吉原一中
卒業生のプレゼントとして菓子セットを手渡す牧田社長(左)=富士市の吉原一中

 新型コロナウイルスの感染拡大に伴って卒業式が規模縮小を余儀なくされる卒業生を元気付けようと、富士市の菓子メーカー「田子の月」は18日、市内43の全小中学校の卒業生全員に同社の菓子をプレゼントした。19日に開催される各校の卒業式で配布される。
 牧田桂輔社長が吉原一中を訪れ、森田嘉幸教育長や石川誠校長に菓子を渡した。
 寄贈されたのは同社の「もんぱり」と「富士山御蔭餅」が1個ずつ入ったセットで計4762人分。「逆境さえも力に、力強く歩んでいって下さい」などと記した牧田社長のメッセージも封入した。セットは各店舗の店員がお祝いの気持ちを込めて、一つ一つ袋詰めを行った。
 牧田社長は「通常の形で卒業式が開けないことは残念だが、こんな時だからこそみんなで知恵を絞り思い出に残るものにしてあげたい。笑顔になってくれれば」と話した。
 森田教育長は「温かな心遣いで、地域への感謝の気持ちが強くなる。きっと感謝を返せる大人になってくれる」と謝辞を述べた。

東部トピックスの記事一覧

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
静岡新聞データベース

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト