静岡新聞NEWS

文学、気軽に楽しんで 伊豆でイベント、ワークショップなど多彩

(2020/2/24 08:25)
切り絵のパフォーマンスなどが行われたイベント=伊豆市の天城湯ケ島市民活動センター
切り絵のパフォーマンスなどが行われたイベント=伊豆市の天城湯ケ島市民活動センター

 文学に気軽に触れてもらうイベント「学舎(まなびや)『天城』のつどい」(伊豆市、市教委主催、静岡新聞社・静岡放送後援)が23日、同市の天城湯ケ島市民活動センターなどで開かれた。
 ワークショップや展示など多彩なイベントを実施した。井上靖の「しろばんば」をテーマにした作品も手掛ける切り絵作家水口千令さんは切り絵のパフォーマンスを披露。音楽に合わせて富士山をデザインした作品などがスクリーンに映し出されると、来場者から拍手が贈られた。
 3月8日まで市内各地で開催している伊豆文学まつりの一環。市は2018年度に「文学の郷構想」を策定し、文豪に縁が深い天城湯ケ島地区で文学をテーマにしたまちづくりを進めている。会場では活動を取り上げた本紙記事のパネル展示も行った。

東部トピックスの記事一覧

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
静岡新聞データベース

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト