静岡新聞NEWS

絵本で広げる“笑顔の輪” 沼津の専門店「グリム」開店1周年

(2020/2/19 14:00)
1周年を記念して開催中の「かんけり」原画展=沼津市の絵本専門店グリム
1周年を記念して開催中の「かんけり」原画展=沼津市の絵本専門店グリム

 沼津市大岡の絵本専門店「グリム」がこのほど、開店1周年を迎えた。ロングセラーから新刊まで約3500冊を置き、読み聞かせや講師を招いた毎月のイベントで絵本の魅力を伝えている。店主の飯塚須磨子さん(77)は「絵本は人を笑顔にする。笑顔の輪をさらに広げられるよう、多くの人に訪れてほしい」と話している。
 飯塚さんは千葉県や伊豆の国市で30年以上、絵本専門店を営んできた。夫が亡くなり、長女が住む沼津市への転居を機に、現在の場所にグリムをオープンさせた。開店後は子どもに読み聞かせをする母親や孫への贈り物を探す祖父母、絵本好きの大人らが来店。客と交流しながら目的に合った作品を紹介している。「絵本を読むことは旅と同じ。私たちを未知の世界に連れ出し、読み終えたときにはパワーをもらっている」と魅力を語る。
 1周年を記念し、3月8日まで絵本「かんけり」の原画展を開いている。飯塚さんお薦めの一冊で「子どもが壁を乗り越えた瞬間を見事に描いている。大人が読んでも励まされる作品」という。2月29日午後1~4時、作者石川えりこさんを招いた講演会とサイン会を開く。参加費千円、定員20人。問い合わせはグリム<電055(960)6661>へ。火、水曜定休。

東部トピックスの記事一覧

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
静岡新聞データベース

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト