静岡新聞NEWS

「富嶽三十六景」トラックにラッピング 走って富士市をPR

(2020/2/19 08:58)
富士市が舞台とされる富嶽三十六景の絵柄をラッピングしたトラック=富士市内
富士市が舞台とされる富嶽三十六景の絵柄をラッピングしたトラック=富士市内

 江戸時代の浮世絵師葛飾北斎の代表作「富嶽(ふがく)三十六景」の絵柄をラッピングした「シティプロモーショントラック」のお披露目式が18日、富士市の富士総合運動場の駐車場で開かれた。関係者がテープカットをして、市の新たな魅力を伝える「走る広告塔」の登場を祝った。
 「駿州片倉茶園ノ不二」をはじめ、同市が舞台とされる3作品を並べた絵柄を、つばめ運輸と山清倉庫の大型トラック2台の荷台右側面にラッピングした。迫力のある絵柄で「北斎が描いたまち富士市」を市内外に発信する。左側面には、それぞれ富士山の写真を飾った。
 式典で、県トラック協会東部地区支部富士分室の吉野正則分室長は「(運輸業界が)人手不足の中、このトラックを見た子どもたちが乗ってみたいと思ってもらえれば」と期待した。
 新たに加わった2台を含め、シティプロモーショントラックは計11台になった。2020年度もトラック2台に浮世絵をラッピングする方針。

東部トピックスの記事一覧

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
静岡新聞データベース

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト