静岡新聞NEWS

三島の食や技、健康… “コト消費”楽しむプログラム始動

(2020/2/17 16:20)
お茶の入れ方を学びながら、イタリア料理を楽しむ参加者=三島市芝本町のロザート
お茶の入れ方を学びながら、イタリア料理を楽しむ参加者=三島市芝本町のロザート

 三島市内の飲食店や商店、事業者などの技術を体験するプログラム「みしまko・to・ri(ことり)」(三島商工会議所主催)が15日、同市で始まった。3月15日まで食、技、健康に関する22のメニューが順次開催され、参加者が三島ならではの“コト消費”を楽しむ。
 16日は同市芝本町のイタリア料理店「ロザート」で、お茶の入れ方やイタリアンとの相性を学ぶプログラムが行われた。お茶の老舗店「山田園」(同市本町)の石田真朗さん(42)がおいしいお茶の入れ方について、湯を少し冷ます、1分間蒸らす、急須を振って最後の1滴まで―などこつを指導した。ロザートの本山俊和店長(50)は前菜とパスタを提供し、うま味を相乗的に高める料理とお茶の楽しみ方について解説した。
 今後、地元野菜を使ったオリジナルピクルスづくり(28、29日)、革小物づくり(3月7日)など多彩な体験メニューを予定している。定員や参加費はプログラムごとに異なる。参加希望者は同商議所ホームページから事前に申し込む。

東部トピックスの記事一覧

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
静岡新聞データベース

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト