静岡新聞NEWS

オニオーストンガニを展示 捕獲例希少、深海に生息 下田

(2020/1/22 09:00)
東伊豆町沖で捕獲され、展示されているオニオーストンガニ=下田市の下田海中水族館
東伊豆町沖で捕獲され、展示されているオニオーストンガニ=下田市の下田海中水族館

 下田市三丁目の下田海中水族館はこのほど、全国的にも捕獲例が少ない深海にすむカニ「オニオーストンガニ」の展示を始めた。同館によると現在、オニオーストンガニを展示しているのは全国の水族館で同館だけという。
 展示されているカニは10日にタカアシガニ漁のため、東伊豆町稲取沖の水深300~350メートルで仕掛けられたカニかごに入っていた。同館に持ち込まれたのは、3回目という。
 オニオーストンガニは、タカアシガニなどと同じクモガニ科で、脚にトゲがあるのが特徴。展示されているカニは雌で、甲羅の長さは約10センチ、脚を広げた大きさは約40センチ。担当者は「脚が10本完全な形で捕獲されたのは特に珍しい。卵を持っているので、産卵も期待したい」と話した。

東部トピックスの記事一覧

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
静岡新聞データベース

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト