静岡新聞NEWS

冬の海に、みこし高々 沼津・小浜海岸でみそぎ祭り

(2020/1/15 08:00)
海に入ってみこしを担ぎ上げる神男たち=沼津市の小浜海岸
海に入ってみこしを担ぎ上げる神男たち=沼津市の小浜海岸

 沼津市下香貫の楊原神社と大朝神社の正月行事「厳冬海中みそぎ祭り」が13日、同市の小浜海岸で行われた。ふんどし姿に鉢巻きをした男衆が真冬の海に入り、新年の無病息災や五穀豊穣(ほうじょう)を祈願した。
 神事の後、神男と呼ばれる年男や新成人ら20人がみこしを担ぎ、胸まで海に漬かった。地元住民らが太鼓や鐘を打ち鳴らす中、威勢の良い掛け声とともにみこしを高く掲げた。
 神男を務めた新成人の男性(20)は「20歳の節目に身を清めようと参加した。しっかりと自立した大人になりたい」と話した。祭事は戦時中の空襲で神殿やみこしが焼失して一度は途絶えたが、地元有志が2002年に再興させた。

東部トピックスの記事一覧

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
静岡新聞データベース

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト