静岡新聞NEWS

「こめこカレー」粉販売 御殿場市、学校給食用メニュー製品化

(2019/11/26 08:06)
給食で「ごてんばこめこカレー」を味わう児童。手前は販売する「ごてんばこめこカレー粉」=御殿場市立東小
給食で「ごてんばこめこカレー」を味わう児童。手前は販売する「ごてんばこめこカレー粉」=御殿場市立東小

 御殿場市は特定原材料を使わないアレルギー対応の「ごてんばこめこカレー」のカレー粉を販売する。小中学校の給食用に開発し、子どもたちに大人気のメニュー。学校給食用に開発した食品が市販されるのは全国的にも珍しいという。
 こめこカレーのルーは、小麦粉の代わりに地元産米「ごてんばコシヒカリ」の米粉を使い、乳は使わない。食物アレルギーのある児童生徒も食べられるように栄養士が考案し、2015年度から提供している。子どもが食べやすい甘口で、残食ほぼゼロと人気を集めている。
 カレー粉は12月2日からファーマーズ御殿場や市役所みくりやキッチンなど市内10カ所で販売する。1袋100グラムで400円(税込み)。初回は300袋生産し、売れ行きを見ながら今後の生産を決める。市は特定原材料を使わず調理し、こめこカレー同様に好評を博している「ごてんばこめこハヤシ」の製品化も検討するという。問い合わせは市学校給食課<電0550(78)6689>へ。

東部トピックスの記事一覧

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
静岡新聞データベース

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト