静岡新聞NEWS

「伊豆ジュニアブラス」発足5年 小学生バンド、音色華やか

(2019/8/14 09:17)
練習に取り組む伊豆ジュニアブラスのメンバー=三島市立錦田小
練習に取り組む伊豆ジュニアブラスのメンバー=三島市立錦田小

 三島市を中心に周辺市町の小学生で編成する金管バンド「伊豆ジュニアブラス」が、発足から5年を迎えた。近隣の小学校で使われなくなった楽器を修理して児童に貸し出し、ボランティアの住民有志20人が指導に当たる。全国的に小学生の楽器離れが進む中、同バンドは70人のメンバーが所属。地域イベントにも出向き華やかな音色を響かせている。
 発足は2014年。かつて各小学校で盛んだった金管バンドや吹奏楽部が減り、眠っていた楽器を再利用しようと集めた。40年以上前の“年代物”もあったが、当時楽器会社に勤めていた事務局の大滝博次さん(68)が修理し、今ではトランペットやトロンボーンなど約100本の楽器を使う。
 メンバーは三島のほか長泉や函南、清水など各市町から集まり、楽器ごと6パートに分かれて練習している。指導には演奏経験のある市民のほか、卒団した中学生も加わり基本から丁寧に教える。
 今年は30人の新入団員が加わり、16日に三嶋大社で演奏する三嶋大祭りに向けて練習に熱が入る。後援会長の山田延江さん(42)は「いろんな学校から集まり、ここまで大きなバンドをやるのは珍しい。ぜひ聴きに来てほしい」と呼び掛けている。

東部トピックスの記事一覧

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
静岡新聞データベース

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト