静岡新聞NEWS

ふじっぴー活用し作成 世界遺産センター外観イラスト

(2019/8/14 09:07)
イラストをお披露目する「ふじっぴー」=13日午前、富士宮市の県富士山世界遺産センター
イラストをお披露目する「ふじっぴー」=13日午前、富士宮市の県富士山世界遺産センター

 富士宮市の県富士山世界遺産センターが県のマスコットキャラクター「ふじっぴー」を活用したオリジナルのイラストを作成し、13日に同センターでお披露目した。逆さ富士を模した独特の外観の同施設と水盤に映る建物を組み合わせた。
 お披露目時にふじっぴーが登場し、来館者にイラストを紹介した。イラストを描いた缶バッジを手渡し、家族連れと記念撮影した。イラストは、富士山を後世に継承するために子どもたちに対する理解促進の必要性から作成した。今後、出前講座の資料などに役立てるという。
 センターでは同日から、夏休みに合わせた館内イベントが始まった。16日まで、1階研修室でオリジナル缶バッジ作りや富士山折り紙体験などが楽しめる。

東部トピックスの記事一覧

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
静岡新聞データベース

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト