静岡新聞NEWS

「大竹千体観音像」700体公開 函南

(2019/8/12 08:01)
姿や表情が異なる約700体の観音像が並ぶ会場=函南町のかんなみ仏の里美術館
姿や表情が異なる約700体の観音像が並ぶ会場=函南町のかんなみ仏の里美術館

 函南町のかんなみ仏の里美術館で9月30日まで、夏の特別展「大竹千体観音像」が開かれている。町指定文化財の観音像約700体が公開されている。
 観音像は明治時代に廃寺となった光明院蓮華寺(同町大竹)で発見され、現在は743体を同館で保管している。12センチほどの木彫りの像で、合掌したり印を結んだりするなど一体ごとに異なる姿や表情を楽しめる。
 会期中の土日祝日は同館ボランティアガイドが観音像の歴史や特徴を解説するギャラリートークを開催している。

東部トピックスの記事一覧

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
静岡新聞データベース

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト