静岡新聞NEWS

沼津商高生「企業ロゴ」デザイン 授業の一環、年内に制作

(2019/7/20 07:59)
会社の事業展開などを話す栗田さん=県立沼津商業高
会社の事業展開などを話す栗田さん=県立沼津商業高

 県立沼津商業高情報ビジネス科の生徒が19日、地元企業が使用するロゴマークやパッケージのデザインを考案する授業を始めた。企業コンセプトなどを基に年内に制作する。
 同科マルチメディアコースの3年生14人がビジネス情報演習の授業の一環として取り組む。オリーブ栽培を通した体験型農業などの事業を展開する沼津市井出のクレアファーム駿河湾沼津が、沼津商工会議所を通じて同校に制作を依頼した。
 同社の栗田恵市社長(62)が清水町の同校を訪れ、地域活性化のために会社を設立した経緯などを説明。茶畑の耕作放棄地対策にもつながっているとし、「オリーブを中心にした体験型農業で地域を活性化したい。オリーブオイルを活用した商品開発も展開したい」と思いを伝えた。
 生徒らはロゴマークとパッケージのデザインの統一感や、今後の事業展開の方向性などを質問した。生徒の一人(17)は「会社の将来展望を踏まえ、会社の内からと学生として外からの視点を融合させてデザインを考案し、企業と地域の発展に貢献したい」と話した。

東部トピックスの記事一覧

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
静岡新聞データベース

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト