静岡新聞NEWS

小学生環境リーダー養成、「探偵団」が活動スタート 三島

(2019/7/7 08:14)
エコキャンドル作りに挑戦する児童=三島市役所中央町別館
エコキャンドル作りに挑戦する児童=三島市役所中央町別館

 小学生の環境リーダーを養成する「三島市環境探偵団」の本年度発足式が6日、市役所中央町別館で開かれ、今夏の活動がスタートした。小学4~6年生41人が8月まで5回の活動に参加し、自然観察やエネルギー学習を通じて環境問題への理解を深める。
 初日は発足式に続いてエコキャンドル作りに挑戦した。使用済みのてんぷら油など家庭から出る廃油を凝固剤で固め、青や緑のクレヨンを混ぜて色とりどりのろうそくを作る方法を学んだ。指導には「市ストップ温暖化推進協議会」のボランティアが当たり、空き瓶に入れたろうに芯を固定させ、冷やして完成させる一連の作業をサポートした。
 市立沢地小4年の男子児童(9)は「芯を入れるのが難しい。できれば家でもやってみたい」と話した。
 同探偵団は今後、富士山の探検や風力発電所(東伊豆町)の見学などを行う。活動内容は壁新聞にまとめ、8月26日から市役所玄関ロビーで展示する予定。

東部トピックスの記事一覧

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
静岡新聞データベース

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト