静岡新聞NEWS

東京五輪パラPRへのぼり旗 伊東高城ケ崎分校生、14種考案

(2019/6/16 09:01)
伊東高城ケ崎分校美術部が考案したのぼり旗デザイン案(一部)
伊東高城ケ崎分校美術部が考案したのぼり旗デザイン案(一部)

 伊東市は2020年東京五輪・パラリンピックの啓発用のぼり旗のデザインを決める投票を開始した。市のホームページまたは電話で30日まで受け付ける。デザインは伊東高城ケ崎分校の美術部が14種類を考案した。
 躍動感あふれる競技の動きを描いたり、日の丸をイメージしたりした作品が並ぶ。1人1回、1種類に投票し、投票数の多い2種類程度を作成。市内公共施設などに掲げる。
 東京五輪・パラリンピックは伊豆ベロドローム(伊豆市)で自転車競技が開催され、JR伊東駅は観客の輸送拠点にもなる。
 のぼり旗の作成は、開幕が約1年後に迫る中、市内の機運を高めようと企画した。
 電話投票や問い合わせは市行政経営課企画政策係<電0557(32)1061>へ。

東部トピックスの記事一覧

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
静岡新聞データベース

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト