静岡新聞NEWS

ARで富士山いつでも 「登山ルート3776」で今夏から

(2019/5/25 08:33)
AR技術を活用した新サービス開始などが報告された懇話会=富士市役所
AR技術を活用した新サービス開始などが報告された懇話会=富士市役所

 富士市の海抜ゼロメートル地点から富士山頂を目指す「富士山登山ルート3776」で今夏から、富士山が見えない時でもスマートフォン上に晴天時の富士山を登場させて写真撮影できるサービスが始まる。23日夜に市役所で開かれた懇話会で市富士山・観光課が明らかにした。
 AR(拡張現実)の技術を活用した新サービスで、富士山が見えない日の来訪者の満足度向上を狙う。
 新サービスは約42キロのルート上を中心に、富士塚やふじのくに田子の浦みなと公園、大淵笹場など10カ所で提供する。
 スマホの衛星利用測位システム(GPS)と連動して登山者の位置を把握。提供地点でスマホをかざすと、その場所から見える富士山が画面上に表示されて撮影ができる。
 同課によると、市内のイベントで実施したアンケートで「富士山が見られず残念」という意見が多く寄せられたという。夏の登山シーズンは富士山が見えない日も多いため、対策を講じた。
 懇話会では、AR技術により、従来は紙で実施していたスタンプラリーが、スマホでも可能になることなども報告された。

東部トピックスの記事一覧

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
静岡新聞データベース

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト