静岡新聞NEWS

ミツバツツジなど一般公開 熱海の植物研究園

(2019/4/16 08:23)
色鮮やかな花の咲いたミツバツツジなどが楽しめる春の一般公開=熱海市の市村清新技術財団・植物研究園
色鮮やかな花の咲いたミツバツツジなどが楽しめる春の一般公開=熱海市の市村清新技術財団・植物研究園

 熱海市相の原町の市村清新技術財団・植物研究園で15日、科学技術週間に合わせた春の一般公開が始まった。24日まで。
 約1万2千平方メートルの園内では、ミツバツツジやシダレモモなどが色鮮やかな花を咲かせている。来園者は花や新緑を眺め、ゆったりと散策を楽しんでいる。今後は希少なクマガイソウのほか、ヤマシャクヤク、アマギシャクナゲなどが開花を始めるという。
 公開は午前9時半から午後3時半。入場無料。駐車場が少ないため、公共交通機関の利用を呼び掛けている。詳細は同財団ホームページに掲載している。
 植物研究園は、リコー三愛グループ創始者の故市村清氏の別荘「清恵荘」を改修した施設。

東部トピックスの記事一覧

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
静岡新聞データベース

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト