静岡新聞NEWS

地蔵や花嫁、古布の人形並ぶ 松崎町のギャラリー

(2019/4/6 08:11)
不用になった着物を有効活用して作製した人形=松崎町のギャラリー「海の駅丸平」
不用になった着物を有効活用して作製した人形=松崎町のギャラリー「海の駅丸平」

 伊豆市土肥の「古布工房」を営む藤井朝子さん(72)による手芸作品展が29日まで、松崎町のギャラリー「海の駅丸平」で開かれている。
 地蔵、花嫁の人形など約300点を展示。作品の素材は不要になった着物を有効活用しているため、どれも色鮮やか。人形の背丈は10~15センチほどで、かわいらしい表情を見せている。干支(えと)にちなんだイノシシや犬の手芸品も人気。
 藤井さんは「着物の美しさに触れながら人形を見て癒やされてほしい」と話した。
 人形は600円から販売している。問い合わせは同ギャラリー<電0558(42)0021>へ。

東部トピックスの記事一覧

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
静岡新聞データベース

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト