男の子のひなまつり「志太天神」一堂に 藤枝の商店など80カ所

 志太地域に「男の子のひなまつり」として伝わる「志太天神」を飾り付ける「志太天神ひな街道」が4月6日まで、藤枝市の上伝馬商店街を中心に開かれている。旧東海道藤枝宿周辺の商店や寺院など80カ所で人形を一斉に展示している。

志太天神と通常のひな人形を組み合わせた飾りなどが並ぶ会場=藤枝市の上伝馬ギャラリー
志太天神と通常のひな人形を組み合わせた飾りなどが並ぶ会場=藤枝市の上伝馬ギャラリー

 志太天神は学問の神とされる菅原道真公を模した人形で、太い眉にひげをたくわえたりりしい姿が特徴。茶どころの藤枝では男の子の節句とされる5月5日が茶摘み時期と重なるため、男女合わせたお祝いとして旧暦の桃の節句となる4月まで人形を飾る風習があるという。
 メイン会場の上伝馬ギャラリーでは立派な志太天神や、通常のひな人形と組み合わせた飾りが並ぶ。軒先に志太天神を設置した商店や御殿飾りを公開している寺院もあり、商店街全体でイベントを盛り上げている。実行委員長の飯塚久仁子さん(71)は「歴史的な人形も数多くある。珍しい展示を楽しんで」と呼び掛けている。
 6、7日に抹茶と菓子を振る舞う茶会やマルシェ、茶手揉みの実演などを開催する。(藤枝支局・岩下勝哉)

SNSでシェアするSHARE

いい茶0