焼津にドローン消防車 映像で活動隊が情報共有【動画あり】

 焼津市消防団は28日、ドローンの運用用に整備した消防指揮車を団本部に配備した。同消防団のドローン隊「スカイシュート」が災害時などに活用する。

ドローン仕様消防指揮車の活用方法を実演する隊員=焼津市消防防災センター
ドローン仕様消防指揮車の活用方法を実演する隊員=焼津市消防防災センター

 市特注の排気量1600CCワゴンタイプ。屋根部分にドローン発着用のヘリポートを搭載し、視界不良時に備え着脱式の点滅灯を備えた。車内には19インチのカラーモニターを装備。ドローンからの映像を映し、現地の活動隊が情報共有するのに役立てる。同市によると、ドローン仕様の消防指揮車導入は全国的に珍しい。
 市消防防災センターで行った車両引き渡し式で、中野弘道市長は「消防団活動の充実強化が図られることを期待する」と激励した。スカイシュートの隊員が車両の活用法を実演し、本番に備えた。
 2020年1月に発足したスカイシュートは女性4人を含む隊員16人で構成する。災害現場で人が立ち入れない場所にドローンを飛ばし、迅速な救助、救援活動を支援する。

SNSでシェアするSHARE

いい茶0