河津桜、菜の花と「共演」 焼津・関方地区【動画あり】

 焼津市関方地区の朝比奈川左岸に咲く河津桜が満開になった。市民や観光客が訪れ、散策を楽しんでいる。

見頃を迎えた河津桜。菜の花との“共演”も楽しめる=焼津市関方地区
見頃を迎えた河津桜。菜の花との“共演”も楽しめる=焼津市関方地区

 地元の市民団体「山の手未来の会」が植栽、管理している桜で、早咲きの「山の手さくら」として親しまれている。岸沿い約2キロにわたって200本が並び、自転車道を歩きながら観賞できる。
 同会によると、ここ数日の温暖な気候で一気に開花が進んだ。祝日の23日には多くの家族連れが訪れ、写真を撮影したり、黄色い菜の花との“共演”を楽しんだりした。今月中は見頃が続く見込み。
 同会が臨時駐車場を3月6日まで設けるほか、会員が栽培した野菜や果物を同所で販売している。

いい茶0
メールマガジンを受信する >