茶畑オーナー募集 定期的にプレゼント 静岡・葵区足久保地区

 静岡市葵区足久保地区の茶農家でつくる足久保ティーワークス茶農協は17日、茶畑オーナー制度を始めると正式発表した。3月から会員募集する。

2種類のコースのお茶を紹介する吉本組合長=静岡市役所静岡庁舎
2種類のコースのお茶を紹介する吉本組合長=静岡市役所静岡庁舎

 吉本邦弘組合長が同市役所静岡庁舎で記者発表した。会員は同地区の茶畑約1・7ヘクタール(約60区画分)のオーナーとなり、定期的にお茶を受け取ることができる。お茶は上級煎茶、水出し煎茶といった季節のお茶と、さえみどりや香駿といった珍しい品種茶を集めた2種類のコースから選ぶことができる。
 会費は個人向けは年間1万8千円(税込み)。企業向けは通常会員1口9万円(同)から。
 吉本組合長は「足久保は静岡茶発祥の地。足久保茶を多くの人に伝えてファンを増やしたい」と語った。
 問い合わせは同茶農協<電054(296)6700>へ。

SNSでシェアするSHARE

いい茶0