静岡新聞NEWS

豊穣、コロナ終息願い大的に矢 静岡浅間神社

(2021/1/16 09:55)
大的に矢を放つ射手=静岡市葵区の静岡浅間神社
大的に矢を放つ射手=静岡市葵区の静岡浅間神社

 平安時代の朝廷で行われた神事に倣い、天下太平や除災招福を祈願して矢を放つ新春恒例の「奉射祭(ぶしゃさい)・大的式(おおまとしき)」が15日、静岡市葵区の静岡浅間神社で行われた。
 せんげん弓道教場会員の6人が烏帽子(えぼし)と直垂(ひたたれ)をまとい、神事に臨んだ。2人一組になり、約60メートル先の直径約1.5メートルの大的を目掛けて交互に2本ずつ計12本の矢を放った。的に命中すると、見物客から拍手が送られた。
 射手を務めた柚木康宏さん(40)は「五穀豊穣(ほうじょう)やコロナ早期終息を祈った。神事を無事に終えることができ、ほっとしている」と語った。

中部トピックスの記事一覧

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿