静岡新聞NEWS

静岡県書道連盟中部支局が作品展 7日まで静岡市役所

(2021/1/5 11:44)
県書道連盟中部支局の役員がしたためた個性豊かな作品が並ぶ会場=静岡市葵区の市役所市民ギャラリー
県書道連盟中部支局の役員がしたためた個性豊かな作品が並ぶ会場=静岡市葵区の市役所市民ギャラリー

 静岡県書道連盟中部支局の新春書作家展(静岡新聞社・静岡放送後援)が4日、静岡市役所市民ギャラリーで始まった。7日まで。
 同支局に所属する役員108人が漢詩や仮名作品など約150点を出展した。今年の干支(えと)にちなみ、「牛」の古代文字を躍動感あふれる筆致でしたためた作品や、約150センチ四方の紙に「和らぐ」「むつまじい」などの意味を持つ「穆(ぼく)」を記した一字書など、世情を意識した個性豊かな書も並んでいる。
 新型コロナウイルスの影響で同支局としては約1年ぶりの事業という。吉田松道支局長(71)は「出品できる喜びを感じている。巣ごもりの中でも文化振興に努力していることが伝われば」と話す。

中部トピックスの記事一覧

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿