静岡新聞NEWS

湯温、抽出時間選択…緑茶スタンド人気 島田「KADODE」

(2021/1/5 09:34)
自分で入れた緑茶をオリジナルボトルで味わうことができる「緑茶B.I.Y.スタンド」=島田市のKADODE OOIGAWA
自分で入れた緑茶をオリジナルボトルで味わうことができる「緑茶B.I.Y.スタンド」=島田市のKADODE OOIGAWA

 緑茶・農業・観光の体験型フードパークとして島田市に11月オープンした「KADODE OOIGAWA」内の緑茶体験施設「緑茶B.I.Y.スタンド」でこのほど、体験者が1万人を突破した。16種類からその日の気分に合った緑茶を自分で抽出し、ボトルで味わうスタイルが人気を集めている。
 茶葉は蒸し具合と火入れを段階別に組み合わせていて、アンケート形式の「緑茶診断」などから選ぶことができる。500円で200ミリリットルの「KADODEボトル」とティーバッグ一つが付き、指定された湯温と抽出時間を設定して簡単においしい緑茶を入れることが可能。
 ボトルは繰り返し使用でき、おかわり(200円)も人気という。同施設の広報担当者は「体験の面白さだけでなく『緑茶がおいしい』との声をたくさんいただいている。大井川流域の緑茶の魅力を知るきっかけになればうれしい」と話した。
 KADODE全体の来館者はオープンから約1カ月で10万人を超えた。緑茶体験施設に加えて農産物直売所やレストランなどが入居する。問い合わせは同施設<電0547(39)4073>へ。

中部トピックスの記事一覧

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿