20歳の私へタイムカプセル 島田、神社境内に中3の手紙埋設

 島田青年会議所は27日、島田市と川根本町の中学3年生に呼び掛けて集めた「5年後の自分への手紙」約500通が入ったタイムカプセルを同市の大井神社境内に埋設した。生徒たちが20歳になる5年後に掘り起こし、発送する。

生徒たちの手紙が入ったタイムカプセルを埋める島田青年会議所のメンバー=島田市の大井神社
生徒たちの手紙が入ったタイムカプセルを埋める島田青年会議所のメンバー=島田市の大井神社

 新型コロナウイルス感染症の拡大で多くの学校行事が中止や縮小を余儀なくされる中、「一つでも多く思い出を残し、未来につながるような事業を」(同会議所)と企画した。会員手作りの鉄製のタイムカプセルに手紙を納め、祈祷(きとう)の後、斎藤直哉理事長らが丁寧に土をかぶせた。
 青少年育成委員会の松山寿明委員長(37)は「5年後に手紙を読むことで自身の成長や周囲の支えを感じ、さらに奮起してもらえるのでは」と話した。

SNSでシェアするSHARE

いい茶0