静岡新聞NEWS

460人の夢、高松中生ら大木で表現 21日までアピタ静岡店

(2020/11/18 12:10)
生徒と教職員の将来の夢を記した手形が押された作品=静岡市駿河区のアピタ静岡店
生徒と教職員の将来の夢を記した手形が押された作品=静岡市駿河区のアピタ静岡店

 静岡市駿河区の高松中の生徒と教職員全460人による共同制作展が21日まで、静岡市駿河区のアピタ静岡店で開かれている。縦2メートル、横22メートルの大木の絵に、一人一人の夢を記した手形を押した作品が連絡通路の両側に掲げられ、来場者の目を楽しませている。
 生徒と教職員は10月初旬から作品を制作。「ユーチューバーになる」「志望校に絶対合格」など、各自の夢を書いた手形を樹木の葉に見立て、7色のインキで彩った。生徒(14)は「これまでぼんやりと考えていた将来を語り合う機会になった」と話す。
 地元企業からロール紙の提供を受け、全校生徒一丸となって地域を明るく盛り上げようと企画した。生徒会長の橋田愛実さん(14)は「生徒の思いが集まった作品。前向きな思いを伝えたい」と言葉に力を込めた。

中部トピックスの記事一覧

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿