静岡新聞NEWS

野球でまちを元気に 11月に交流大会「ザ・島田シリーズ」 静岡県内外の社会人4チーム参加

(2020/10/29 12:45)
「ザ・島田シリーズ」のチラシを手に持つ天野監督=島田市大柳の山岸運送
「ザ・島田シリーズ」のチラシを手に持つ天野監督=島田市大柳の山岸運送

 島田市の運送会社「山岸運送」の社員でつくる硬式野球チーム「山岸ロジスターズ」(天野義明監督)が11月、県内外の社会人チームを招き、交流大会を開く。ザ・島田シリーズと称し、4チームが同市横井の島田球場に集結。7、8日の2日間、熱戦を繰り広げる。
 出場するのは山岸ロジスターズと焼津マリーンズ(焼津市)、TOKYO METS(東京都)、千葉熱血MAKING(千葉県)の4チーム。新型コロナウイルス感染症対策を徹底し、午前9時と午後1時、各日2試合を開催する。入場無料。
 天野監督が以前から交流のある千葉熱血MAKINGの関係者から、交流試合の誘いをきっかけに企画を進めてきた。コロナの影響で大会が相次いで中止となる中、「今だからこそ野球を通じて、元気を届けたい」との思いが一致した。天野監督は「今年は無観客での試合がほとんどだった。選手たちの全力プレーを見に来てもらえたらうれしい」と話している。

中部トピックスの記事一覧

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿