静岡新聞NEWS

水上バイクルール守って 静岡・用宗海岸で事故防止へチラシ配布

(2020/9/28 10:10)
海岸利用者に水上バイク走行時の注意事項を説明する署員=静岡市駿河区の用宗海岸
海岸利用者に水上バイク走行時の注意事項を説明する署員=静岡市駿河区の用宗海岸

 水上バイクの事故や迷惑行為を防ごうと、静岡南署などは27日、静岡市駿河区の用宗海岸で水上バイクや海岸の利用者にチラシを配ってマナー向上を呼び掛けた。近隣住民から同署に、水上バイクの危険運転に関する相談が寄せられていることから、市や清水海上保安部、清水漁協、地域安全推進員と連携して実施した。
 各機関の職員らが「水上バイクの走行は消波ブロックの外側で」などと書かれたチラシを利用者に手渡した。静岡市は25日から、従来より文字を大きくするなどした看板を設置して注意を促している。
 用宗海岸はことし、新型コロナウイルスの影響で海水浴場が開設されず、監視員がいなかった。水上バイクのマナー違反が広がっている恐れがあり、同署は一層の警戒が必要だとしている。
 SUP(スタンド・アップ・パドルボード)を楽しむため、海岸を頻繁に訪れるという男性(42)は、猛スピードで子どもの近くを走る水上バイクを何度も目撃しているとし、「事故が起きてからでは遅いので、呼び掛けに応じてほしい」と訴えた。

中部トピックスの記事一覧

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿