静岡新聞NEWS

コロナ収束、平和願い揮毫披露 静岡で書道家と静学中・高書道部

(2020/9/22 09:15)
世界平和や新型コロナ収束を願って書をしたためる書道部員ら=静岡市葵区の県護国神社
世界平和や新型コロナ収束を願って書をしたためる書道部員ら=静岡市葵区の県護国神社

 国連の国際平和デーの21日、平和や新型コロナウイルスの収束を願う書道パフォーマンスが静岡市葵区の県護国神社で行われた。書道家の坂本欣径さん(77)=静岡市駿河区=と静岡学園中・高の書道部が平和揮毫(きごう)を披露し、思いやりのある社会の実現や心の平安に向けてメッセージを発信した。
 坂本さんは詩吟と尺八の音色に合わせて揮毫。縦約90センチ、横約180センチの和紙に「和を以て貴しと為す」と記し、人に歩み寄る姿勢の大切さを訴えた。
 書道部の6人は縦75・5センチ、横300センチのロール紙に、論語から「浮雲」の一編をしたためた。不正で得た地位や財産ははかないものであるとの教えで、海野友莉愛部長(16)は「今の自分自身や自分の生活をありのままに受け入れることが、平和や差別解消への第一歩になると考えた」と思いを語った。
 書道パフォーマンスは「和プロジェクトTAISHI」(名古屋市)の主催。全国48社の護国神社などで一斉に開催された。

中部トピックスの記事一覧

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿