静岡新聞NEWS

一足お先に「秋」満喫 牧之原の観光くり園、12日から営業

(2020/9/11 09:18)
栗拾いを楽しむ園児ら=牧之原市菅ケ谷の相良油田観光くり園
栗拾いを楽しむ園児ら=牧之原市菅ケ谷の相良油田観光くり園

 秋の味覚を堪能してもらおうと、牧之原市菅ケ谷の相良油田観光くり園が今シーズンの営業を12日に開始する。コロナ禍を踏まえ中止も検討したが、例年楽しみにしている客からの強い要望を受け営業を決めた。10日には地元の菅山保育園の子どもたちが招かれ、一足先に栗拾いを満喫した。
 1.5ヘクタールの栗園に、国見や筑波、銀寄といった品種の栗の木が植えられている。高塚勝之園主によると、ことしは猛暑の影響で生育がやや遅れているものの、味は甘みが乗っているという。軍手をはめた園児らは栗を見つけると「あった!」と声を上げ、うれしそうに拾って袋に入れた。
 コロナ禍を考慮し、今シーズンは完全予約制とした。10月上旬ごろまで営業し、開園は土、日、祝日の午前9時~午後4時まで。1日当たり150人程度の受け入れを見込む。問い合わせ、予約は同園<電0548(87)2573>へ。

中部トピックスの記事一覧

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿