静岡新聞NEWS

「ゲル」入って異文化体験 モンゴルへ理解深める 焼津市

(2020/9/6 14:02)
完成したゲルの中に入る市民=焼津市の石津西公園
完成したゲルの中に入る市民=焼津市の石津西公園

 焼津市は5日、東京五輪・パラリンピックのホストタウン相手国モンゴルの文化について理解を深めてもらおうと、同国伝統の移動式住居「ゲル」を同市の石津西公園で組み立て、市民に紹介した。
 家畜と移動しながら暮らす遊牧民の住居で、県立焼津青少年の家が所有しているものを借りた。
 木製の板や棒を組み合わせ、円形の骨組みを作った。全体を覆うように布を二重にかぶせ、最後に天窓の開閉に使う「ウルフ」と呼ばれる布を取り付けて完成させた。市内在住のモンゴル人がアドバイスした。
 家族連れが、1時間余りの作業時間で住居ができていく様子を興味深そうに見守った。完成後は中に入り、居心地を確かめたり、木材に彫られた装飾を観察したりして親しんだ。
 

中部トピックスの記事一覧

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿