静岡新聞NEWS

甘いナシ、取れたていかが 静岡・清水区の夫婦、愛情注ぎ栽培

(2020/8/14 13:52)
ナシ園の脇で取れたての豊水の直売を行う長沢祐至さん(左)、ふ志子さん夫妻=静岡市清水区
ナシ園の脇で取れたての豊水の直売を行う長沢祐至さん(左)、ふ志子さん夫妻=静岡市清水区

 静岡市清水区庵原町の長沢祐至さん(84)、ふ志子さん(78)夫妻が営むナシ園で13日、収穫が最盛期を迎えた。園の脇では直売も行っており、取れたてのナシを味わうことができる。
 夫婦でナシの栽培を始めて約25年。近年見かけることが少なくなった対面でのおもてなしを大事にしている。
 約40本あるナシは喜水と幸水、豊水の3品種で、現在は豊水を販売している。収穫は8月下旬ごろまで続く。
 夫妻は「今年は長雨の影響を心配したが、甘く仕上がった。愛情を注いで育てたナシを楽しんでほしい」と話した。

中部トピックスの記事一覧

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿