静岡新聞NEWS

児童がジェラート開発 50人楽しく体験 静岡

(2020/8/4 09:10)
ジェラートにトッピングを加え、味の変化などを楽しむ児童=静岡市駿河区のジャルディーノ
ジェラートにトッピングを加え、味の変化などを楽しむ児童=静岡市駿河区のジャルディーノ

 静岡市のNPO法人まちなびやは3日、子どもたちに仕事内容や職業について関心を持ってもらうための企画「おしごと探検隊」を実施した。市内の小学生約50人が同市駿河区のジェラート店「ジャルディーノ」を訪れ、職人からこだわりや商品開発の楽しさなどを聞いた。
 児童らは店主の杉山茂雄さんから製造工程の説明を受け、ジェラートを製造する機械を見学。日々、レシピを試行錯誤していることも学んだ。
 子どもたちは商品開発体験にも挑戦した。ミルク味のジェラートに持参した駄菓子やフルーツなどをトッピングし、味の変化を確かめたり、相性が良い組み合わせを探したりした。「甘酸っぱくなった」「ジェラートの甘さが消えた」など感想を口にしていた。
 企画の狙いについて同NPOの弓削幸恵理事長は「将来、就きたい職業を探すにはあらゆることに興味関心を寄せることが大切。小学生が好奇心を抱くきっかけになれば」と話した。

中部トピックスの記事一覧

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿