静岡新聞NEWS

築120年の町屋活用、宿泊しながらアート制作 旅館型文化施設開業へ 静岡・清水区蒲原

(2020/7/26 10:24)
築約120年の町屋を生かした旅館型文化施設=静岡市清水区蒲原堰沢の「素空庵」
築約120年の町屋を生かした旅館型文化施設=静岡市清水区蒲原堰沢の「素空庵」

 静岡市清水区出身で会社員の牧田裕介さん(29)が8月1日から、同区蒲原堰沢で空き家になっていた元表具屋の町屋を活用し、宿泊とアート制作などが可能な旅館型文化施設をオープンする。「町屋を活用してまちづくりにつなげたい」と意欲を見せる。
 「素空庵」と名付けた施設は築約120年。一般の宿泊客に加え、美術作家らに開放する。宿泊しながら作品制作が可能で、展示施設としても利用できる。町屋とアートを軸に、町屋が次世代に継承される地域を目指して活動を展開するという。
 施設内は表具師が使用していた木製定規や作業台を幕板やテーブルに再利用するなど、工夫を凝らした。一組の貸し切り型で5人まで宿泊できる。寝室用の和室に共用のキッチンやシャワー、トイレなどを備える。
 宿泊予約、問い合わせは素空庵のホームページから。

中部トピックスの記事一覧

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿