静岡新聞NEWS

川越し街道、緑茶飲み一服 浴衣で散策、江戸情緒体感 島田の団体が観光プラン

(2020/7/22 08:14)
浴衣姿で川越し街道を歩き、冷茶で一休みする参加者=島田市の島田宿大井川川越遺跡
浴衣姿で川越し街道を歩き、冷茶で一休みする参加者=島田市の島田宿大井川川越遺跡

 島田市が発信する緑茶をテーマにした観光メニューの一つとして、同市の団体「しまだきものさんぽの会」は21日、浴衣の着付けと呈茶をセットにした体験型観光プラン「川越街道着物DEいっぷく」のモニターツアーを国指定史跡「島田宿大井川川越遺跡」で開いた。
 参加者が選んだレンタル浴衣を同会のメンバーが手際よく着付け、江戸情緒あふれる川越し街道を散歩。番宿で休憩し、冷茶を飲んだり、和菓子や梅干しを味わったりした。登録有形文化財となった街道沿いの旧桜井邸(市博物館分館)でも、中庭を眺めながら緑茶を楽しむことができるという。
 体験した市国際交流協会職員の井鍋榛香さん(24)は「本格的な着付けをしてもらい、うれしい。タイムスリップしたような気持ち」と話した。同会事務局の小沢京子さんは「観光プランを通じて着物文化も発信していきたい」と話した。
 体験は浴衣(夏以外は着物)のレンタル、着付け、呈茶込みで3500円。事前予約制。問い合わせは同会事務局<電080(2665)7733>へ。

中部トピックスの記事一覧

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿