静岡新聞NEWS

吉田町の小山城「御城印」発売 武田家「赤備え」イメージ

(2020/7/19 09:17)

 吉田町片岡の小山城の御城印が18日、発売された。全国で人気が高まっている城巡りの記念として売り出し、地域の活性化を図る。町担当者は「多くの人が小山城を訪れ、さらに町内を周遊するきっかけになれば」と期待する。
 町によると、小山城は1570年ごろに武田信玄が城郭を構えた山城。堅固な構造で、西へ進出する拠点としての機能を果たしたという。御城印はA6判。武田家の赤備えをイメージしたデザインで、家紋「武田菱」を文字の背景に配置した。1枚300円(税込み)。
 小山城跡にある観光施設「展望台小山城」の受付と売店「しらすのまどぐち」で販売している。発売初日とあって大勢の歴史愛好家らが訪れ、御城印を求めて列をなした。同店は町内観光情報の発信も行っていて、担当者は「シラスの加工場やウナギ屋にも足を運んでほしい」と話している。

中部トピックスの記事一覧

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿