静岡新聞NEWS

特別養護老人ホームで「屋外面会」 入所者と家族の安全配慮、市議が視察 静岡

(2020/7/16 09:12)
「屋外面会」のスペースを視察する市議ら=静岡市清水区の特別養護老人ホーム「巴の園」
「屋外面会」のスペースを視察する市議ら=静岡市清水区の特別養護老人ホーム「巴の園」

 静岡市清水区の特別養護老人ホーム「巴の園」は17日から、入所者と家族が安全に面会できるスペースを施設の中庭に設ける。新型コロナウイルス感染症対策として同施設職員が「屋外面会」として考案し、15日には市議会の第2会派「志政会」(望月厚司代表)が視察した。
 同施設には約130人の入所者がいる。新型コロナ感染拡大防止の観点から、4月以降の面会は全てビデオ会議アプリ「Zoom(ズーム)」で行っている。ただ、認知症の入所者がいることなどから、家族からは「直接会えないと忘れられてしまう」といった声が寄せられていた。
 新たな面会スペースは3密の状態を避け、入所者と面会者の動線を分けるため、雨よけがある中庭の舞台部分を活用した。入所者と家族がアクリル板越しに面会できる。スポットクーラーなどを設置し、入所者の体調面にも配慮する。
 施設は巴川沿いにあるため、視察では施設の防災対策に関する質問が相次いだ。職員は夜間の勤務体制や災害時の安全への課題を説明した。

中部トピックスの記事一覧

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿