静岡新聞NEWS

魚河岸シャツ、職場に涼 焼津市役所クールビズ開始

(2020/7/2 08:10)
焼津魚河岸シャツを着て勤務する職員=焼津市役所
焼津魚河岸シャツを着て勤務する職員=焼津市役所

 焼津市役所で1日、職員がご当地シャツ「焼津魚河岸シャツ」と「大井川の恵シャツ」を着用して勤務する「魚河岸クールビズ」が始まった。15年目の取り組み。8月末までの約2カ月間、市内外に地域資源をアピールする。
 魚河岸シャツは、地元の水産関係者が昭和の初めごろから、手拭いをシャツに仕立てて着ていた「手拭いじゅばん」がルーツ。吸汗、速乾性に優れる。市場関係者からの贈答品として手拭いを扱う機会が多い土地柄だったことが背景にある。
 大井川の恵シャツは大井川商工会が作成した浴衣地のシャツで、大井川地区特産のサクラエビのマークが入っている。
 この日から全職員に両シャツの着用を推奨し、多くの職員が青や白、緑など色とりどりのシャツ姿で出勤した。庁舎内は港町らしい涼しげな雰囲気に包まれた。

中部トピックスの記事一覧

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿